時効の援用とはどういうこと?


借金にも一定期間返済が出来ず、時期が経つと裁判所に申し入れをして債務者が債権者に「お金はもう返しません」と言う意思表示をする事で免責を無くす事が出来る援用処置が有ります。勿論債権者の中には援用の効果の無い様に上手く処置を取っている債権者もいますが、基本的には援用処置をする事で債務者の返済義務は無くなります。しかし条件が有りまして援用処置は債権者が知る様にきちんと書面で行わなければいけません。大体が行われる場所は、裁判所か法律事務所で書類が作成されて債権者の元に送られるのが多いのですが、注意しなければならないのが全部の債権者が従うとは限らないと言う事です。違法な債権者であれば住んでいる場所まで回収に来る可能性も有ります。その時は警察に通報すれば、警察が処理してくれますので勇気を出して通報してください。しかし援用の処置を債権者に怯えて、行わないといつまで経っても債権者に追い回されるだけですので、時期が経ったら勇気を出して援用処置を行って下さい。しかし注意点が有りまして、期間成立までに1度でも返済してたり、返済の意思を表示している物に関してはそこが期間の開始日になりますので、契約日からの計算になりませんので注意して下さい。

コメントは受け付けていません。